元本保証型の資産運用で賢くお金を増やす方法とは

元本保証しながら増やせる資産運用法 » 投資初心者が資産運用で失敗しないために

投資初心者が資産運用で失敗しないために

資産運用のリスクとリターンについて、正しく理解できていますか? 資産運用での失敗を避けるために大切なのは、リスクについてきちんと知っておくことです。ここでは、初心者だからこそきちんと知っておきたい、投資に関する基礎知識をご紹介します。

資産運用にはリスクの見極めが重要

リスクというと、資産運用や投資においてはマイナスなイメージがありますが、その意味するところは危険というだけではありません。

ですから必ずしも避けるべきものではないですし、リターンを求めるのであれば、リスクをゼロにすることは不可能です。つまり大切なのは、「リスクを減らすこと」ではなく「どんなリスクをどれだけとることができるのか」と言えます。そのためには、どんなリスクがあるのかを知っておくことは不可欠です。

資産運用や投資を行う上で、主に次のようなリスクがあります。

  • 信用リスク…株式を発行する会社の業績悪化や経営不振によって、利息や配当が株主に支払われなくなること。破綻によって元本が戻ってこないリスクもあります。
  • インフレリスク…物価の上昇によって相対的に貨幣の価値が下がり、損をすること。

もちろん、大きくリスクを取れるのであれば、見込めるリターンも大きくなります。長期で運用するか、短期で運用するか。また、リスクの大きな金融商品と小さなものを分散して投資して、バランスをとることが理想的です。

資産運用の失敗を防ぐリスク回避策

資産運用するにあたって、上記のようなリスクをしっかり把握しておけば、回避する方法はいくらでもあります。

ここで、代表的なものをいくつか紹介しましょう。

分散投資

ひとつの商品にばかり投資するのではなく、複数の商品を組み合わせることによってリスクを相殺し、大きな変動を抑える手法。リスクをうまく低減しながら、リターンは確保しやすくなります。

>分散投資でのリスク回避策について詳しくみる

ヘッジ取引

最小限のリスクやレートで取引が可能なのが、ヘッジ取引の特徴。株式投資におけるプットオプション(オプション取引)や先物取引などが、代表的なものです。将来的なリスクや不安に備えた資産運用の手法でもあります。

>ヘッジ取引でのリスク回避策について詳しくみる

長期投資

文字通り、長期間投資を続けるという方法。初心者の方や、投資のために時間がかけられない方などに有用な投資方法で、分散投資と併用することにより資産がマイナスになるのを防げると言われています。

>長期投資でのリスク回避策について詳しくみる

 
元本保証しながらしっかり増やせる資産運用法を探せ