分散投資

投資には、さまざまなリスクが伴います。資産を増やす目的で始めたはずなのに、元本が減ってしまったり、大きな損をしてしまったりすることも少なからずあるのです。

投資で減ってしまったお金は戻ってくることはありません。後悔先に立たずで、失敗する前にリスクを減らしておくことは、投資をするうえでとても大切なことなのです。

そこで、資産運用におけるリスクを減らすひとつの方法として、分散投資をするという手法があります。

では、なぜ分散投資はリスクを低減することができるのでしょうか。ここで、いくつかの例をもとに説明いたします。

株式投資における分散投資

例えば、一般的な投資商品として知られている株は、リスクの大きな商品といわれています。この株価というのは、企業の経営状態や業績、評判などで変動するものです。したがって、その企業の将来性や話題性などに対して常に精通していなければ株価の変動に気づかず損をしてしまうこともあるわけです。

そのような株式投資のなかでよくいわれているのが、「複数の銘柄を組み合わせることによってリスクを相殺し、大きな変動を抑える効果がある」ということです。これが株式投資における分散投資です。

もちろん銘柄の組み合わせにもよりますが、ひとつだと大きく上下する株価が、複数の組み合わせによってリスクを消し合い変動幅を小さくするので、リターンそのものはあまり減ることがなく、リスクだけを抑えられる効果があります。

ただし、株式投資は本来元本保証のないものです。市場全体の落ち込みはあっても、将来的なリターンを想定して最小限度のリスク体制にしておくための方策が分散投資と考えていいでしょう。

少額で分散投資ができる投資信託

プロに投資を依頼する投資信託では分散投資が当たり前となっています。個人で分散投資をしようとすると、かなりまとまった額のお金が必要になりますが、投資信託は少額から分散投資が可能なシステムですので誰でもチャレンジできます。

投資信託が根強い人気があるのは、こういったリスクをうまく低減しながらリターンを確保してくれることや、素人でも気軽に始められる手軽さからといえます。

分散投資にデメリットはある?

リスクを分散できるのだからメリットしかないのでは?と思うかもしれませんが、デメリットもあります。 例えば株式投資の場合、分散投資では今後株価が大きく伸びると思われる銘柄があったとしてもそれに対して集中的に投資するようなことはありません。他のものと分散させながら投資していく形になるのです。

これにより、万が一予想が外れた時に大きな不利益をこうむる心配はなくなります。しかし、予想通り株価が大きく伸びた場合、そこに集中投資をしていたときに得られたはずの利益は受け取れません。 これは分散投資のデメリットだといえるでしょう。しかし、「一つの銘柄に集中して投資し、それが大きな赤字になった場合」と、「分散で投資をし、思っていたほどの利益にならなかった場合」、この2つを比べるとどちらが理想的でしょうか。 ギャンブル性が強い投資が好みということであれば分散投資のデメリットを強く感じてしまうかもしれませんが、投資で成功するにおいてリスクを減らすことがいかに大切かを考えると決してデメリットにはなりません。

もう一つのデメリットとして挙げられるのが、管理が少し複雑になるということ。これまで集中して一つの株式などに投資していた人からすると、リスクを分散させるために複数の株式の銘柄を購入する必要があります。 3つの銘柄を所有していたものを5つに増やすだけでも管理が大変ですよね。これもデメリットといえるでしょう。このあたりは慣れも必要になってきますが、複数の銘柄を持つのが当たり前の状態になれば管理もそれほど面倒に感じないはずです。

分散投資の種類

分散投資というと、株式投資の場合は複数の株を所有してリスクを分散する方法ばかりを考えてしまいがちですが、他にも様々な種類があります。 まず、投資商品を分散させる方法です。株式だけでなく投資信託も行ってみたり、債券も始めてみたり。この場合はある程度資金が必要になりますが、本格的に投資を行おうと思った時に選択肢としてあがってくる方法です。

他にも、株式を購入する際に日本の株式だけでなく海外の株式も視野に入れるなどの資産分散方法もあります。日本国内で投資を行おうと思うと、どうしても国内の企業の株にばかり注目してしまいがちです。しかし、日本の景気が左右されないような国や地域の産業株を所有しておくと、不測の事態にも備えられるかもしれません。 それから、値動きが逆になる商品を購入するのも一つの分散投資です。例えば、輸出企業の株を購入していたとしましょう。しかし、輸出に関する何らかの動きがあり、輸出企業全般の株が下がってしまうこともあるかもしれません。

しかし、輸出企業のほかに輸入企業の株も購入しておけば同じタイミングで輸入企業の株価が上がり、大きなマイナスに繋がらずに済む可能性があります。銘柄を分散させる時にはその企業が取り扱っている事業の種類を分散させるだけでなく、輸入企業のみ、または輸出企業のみばかりにならないように注意することが大切です。 初心者で株についてまだよく理解できていないようであれば投資信託などから検討してみましょう。

分散投資で「万が一」に備える

プロの投資家だったとしても、損を出したことが一度もないわけではありません。中には長年投資で生計を立てているプロでも予想できないような不測の事態があり、思わぬマイナスに繋がってしまうこともあります。

ここで重要になってくるのが分散投資です。特に投資を始めて間もない方や、これから投資を始めてみたいと思っているもののまだ踏み出せていない方はリスクについてたくさんの不安を抱えていますよね。 ただ一つの投資だけにつぎ込んでしまうとそれが失敗した時に大きな不利益が生まれます。しかし、分散投資を行っておけば誰でも予想がつかないような事態に備えられるのです。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>