元本保証型の資産運用で賢くお金を増やす方法とは

分散投資

投資には、さまざまなリスクが伴います。資産を増やす目的で始めたはずなのに、元本が減ってしまったり、大きな損をしてしまったりすることも少なからずあるのです。

投資で減ってしまったお金は戻ってくることはありません。後悔先に立たずで、失敗する前にリスクを減らしておくことは、投資をするうえでとても大切なことなのです。

そこで、資産運用におけるリスクを減らすひとつの方法として、分散投資をするという手法があります。

では、なぜ分散投資はリスクを低減することができるのでしょうか。ここで、いくつかの例をもとに説明いたします。

株式投資における分散投資

例えば、一般的な投資商品として知られている株は、リスクの大きな商品といわれています。この株価というのは、企業の経営状態や業績、評判などで変動するものです。したがって、その企業の将来性や話題性などに対して常に精通していなければ株価の変動に気づかず損をしてしまうこともあるわけです。

そのような株式投資のなかでよくいわれているのが、「複数の銘柄を組み合わせることによってリスクを相殺し、大きな変動を抑える効果がある」ということです。これが株式投資における分散投資です。

もちろん銘柄の組み合わせにもよりますが、ひとつだと大きく上下する株価が、複数の組み合わせによってリスクを消し合い変動幅を小さくするので、リターンそのものはあまり減ることがなく、リスクだけを抑えられる効果があります。

ただし、株式投資は本来元本保証のないものです。市場全体の落ち込みはあっても、将来的なリターンを想定して最小限度のリスク体制にしておくための方策が分散投資と考えていいでしょう。

少額で分散投資ができる投資信託

プロに投資を依頼する投資信託では分散投資が当たり前となっています。個人で分散投資をしようとすると、かなりまとまった額のお金が必要になりますが、投資信託は少額から分散投資が可能なシステムですので誰でもチャレンジできます。

投資信託が根強い人気があるのは、こういったリスクをうまく低減しながらリターンを確保してくれることや、素人でも気軽に始められる手軽さからといえます。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>

 
元本保証しながらしっかり増やせる資産運用法を探せ