元本保証しながら増やせる資産運用法 » 投資額別!初心者向け運用法

投資額別!初心者向け運用法

資産運用や投資をするのは初めてという方に、元手の資金別に運用のコツについて解説します。

投資のリスクはルールを決めて上手に回避

投資リスク回避

資産を増やすには目標額が必要です。まずは100万円を貯金して、次は1,000万円とステップアップしていこうと計画を立てている方もいるかもしれません。

この低金利時代に銀行の普通預金に何年預けていてもほとんどお金が増えないことはご存じの通りです。

お金を増やしていくためには、ある程度のリスクは覚悟して資産運用をすることが必要です。投資未経験の方は元本割れリスクを嫌ってなかなか投資に踏み切れない方もいるようです。

しかし、車を運転するときに事故が起きるから乗らないという方はいないのではないでしょうか。交通ルールを守って無謀な運転をしなければ、ドライブも快適で楽しくなります。

資産運用もこれと同じで、運用するにはある程度のルールがあります。元手資金によって多少違ってきますが、ルールを守って自分にあった金融商品を選んでいけば、着実に資産は増えていくのです。

リスクを怖がるだけでなく上手に回避してきながら投資することが重要なのです。

100万円と1,000万円とでは投資の仕方が違う

投資の基本は、分散投資です。一つの投資商品に集中投資するよりも、いくつかの商品に分散したほうがリスクを抑えられるからです。

しかし、分散投資をしたくても投資商品によっては100万円ではやりづらいものもあります。

例えば株式。銘柄にもよりますが、1単位あたり数十万から100万円近くする商品もあり、元手が100万円しかないのであれば、ほぼ集中投資になってしまいます。もちろん成功して増やせればいいのですが、失敗すると元手がなくなる可能性もあります。

また、不動産投資の場合も100万円で始められる商品もありますが、空室リスクを考えると足を踏み出せないという方もいらっしゃるかもしれません。

このように、元手の額によっておすすめする商品や資産運用の方法が変わってきます。

ここでは、100万円と1,000万円の2タイプに分け、それぞれの資産運用のルールやオススメの金融商品を紹介していきます。予定している投資金額のページを選んで、ご覧ください。

>100万円からの運用

>1,000万円からの運用

100万円以下の元手で資産運用する方法をご紹介

100万円以下の元手で投資や資産運用にチャレンジしてみたいなら、NISA(ニーサ)、不動産投資、ソーシャルレンディングなどの方法があります。

少額の資産を元手にしてローリスクな投資をするには、タイミングを見極め、リスク分散などの対策を十分に取ることが大切です。

それぞれの投資方法についてのメリット、デメリットや、より高利回りを実現するにはどうすれば良いかも詳しく解説しています。

>100万円以下の元手で資産運用する方法をご紹介

500万円からの資産運用方法

500万円の自己資金を、リスクを抑えて効果的に運用するためには、どのくらいのペースで増やしたいのか目標を設定しておくことが重要です。リスク軽減のため投資対象を分散し、定期預金や日本国債などローリスクで安定性の高い投資をしつつ、攻めの資産運用にも資金を回します。

不動産投資ファンドや太陽光発電ファンド、ソーシャルレンディングなどを組み合わせて、リスクを抑えつつもミドルリターンを期待できる投資を行ないましょう。

>500万円からの資産運用方法

元手10万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

10万円で資産運用を始めるなら、株や仮想通貨取引で増やすのが最もおすすめ。融資による利息で稼ぐのは少し難しめです。

>元手10万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

元手30万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

30万円で資産運用を始めるなら融資がおすすめ。特に金利が大きいソーシャルレンディングはローリスクでミドルリターンを得られるお得な投資先。

>元手30万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

元手50万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

50万円で資産運用始めるなら、さまざまな株や融資に投資して、リスクヘッジを行うのを忘れずに。増やした資産の預け先はネット銀行がイチオシ。

>元手50万円ではじめるローリスクな資産運用の方法

また当サイトでは、日々堅実に資産運用を行うための手段を考察しています。より深堀したローリスクな投資の世界に興味のある方は是非とも参考にしてみてください。