元本保証しながら増やせる資産運用法 » 投資額別!初心者向け運用法 » 元手10万円で始めるローリスクな資産運用方法

元手10万円で始めるローリスクな資産運用方法

10万円

元手10万円で投資を始めるのであれば、株や仮想通貨などのデイトレードが最もおすすめです。資本金が非常に少ないため、失敗した際の損失も少なく済む一方で、上手く立ち回れば大きなリターンを得ることも可能。段階を踏んでより大きな投資に踏み込めるようになるので、資産運用初心者が少額で始める投資としては最も向いていると言えます

より小さなリスクで小さなリターンを得たい方は、ソーシャルレンティングを行ったり、社債を購入するといった、融資によって稼ぐ方法も視野に入ります。しかし、資本金が10万円ということもあり、年間で稼げる額は非常に小さなものに。融資をメインとした資産運用は、まず資本金を増やしてからにする方が効率よく稼ぐことができます。

では、デイトレードの種類や手法について見ていきましょう。

ローリスクな「株式会社投資」が最もおすすめ

デイトレードするなら、真っ先におすすめするのは株式投資。後述の仮想通貨のように、ハッキングやデバイスの紛失による資産喪失のリスクもなければ、FXのように自身の資産を上回る値で投資を行い、あっという間に資産をすり減らすといったことがないからです。

株式は、保有する株式の会社がつぶれるまで自己の資産として手元に残り続けるので、そう簡単に資産がゼロになることはありません。また、トレードに出さずに、今後の成長や配当金・株主優待を目当てに保持し続けるといった選択肢も考えられます。

デイトレードを考えるにしても、資産運用としての投資を考えるにしても、まず最も安定する方法は株式投資なのです。株式は大量に購入しなければいけないイメージがある方もいるでしょうが、それも今は昔。現在では、より多くの人が購入できるよう単位の細分化が図られており、より少額での投資が可能となっています。

最初は単元未満株で経験を積む

株式投資で株を購入する場合、基本は100株を一つにまとめた「単元株」を購入することになります。単元未満株とは、その名のとおり100株未満の株のことを指し、ミニ株やプチ株といった名称で呼ばれています。

最少で1/100の値から購入できる点から、まずはこのミニ株やプチ株といった単元未満株で経験を積む方法がおすすめ。単元株による取引はリターンも大きいですが、その一方で失敗した際の損失もやはり大きいため、慣れてくるまでは手を出さない方が無難です。

取引手数料が無料になる証券会社を利用

少ない資本金で稼ぐ際に最もネックとなるのが取引手数料。あまり稼げなかった場合は、取引手数料のせいで得た利益が消えてしまった、なんてこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが、取引手数料が無料になるプランのある証券会社。ただし、証券会社によってそれぞれサービス内容も異なるので、一概に取引手数料だけで決めるのも危険です。手数料が無料となる条件や、サービス内容などもよく確認したうえで証券会社を選びましょう

たとえば1日の約定代金の上限額に満たない場合は手数料無料となったり、約定代金20万円までは手数料が無料となるプランなどがあります。「約定代金」とは、株の売買にかかった金額のこと。すなわち、一日で売った株の合計値と、買った株の合計値を合算したもののことを指します。

より小さな値で稼ぎたい方には「仮想通貨」で

仮想通貨

株よりもさらに小粒のデイトレードが行いたい方には、仮想通貨がおすすめ。仮想通貨は最少で100円からの取引にも応じています。ただし、少額でもきっちり取引手数料はとられてしまうので、その点には注意してください。

また、ブロックチェーン技術(取引データをユーザー同士が分散して管理する仕組み)の向上によってリスクは限りなく減少しましたが、それでもハッキングやデバイスの紛失による資産流出のリスクは存在しています。

しかし、その一方で仮想通貨はスマートフォンからでも簡単に取引できるという利便性もあります。また株やFXと違い、年中無休で取引できるので、外出先でのちょっとした隙間時間などを利用してトレードを行える手軽さがあることも確か。

株と比較すると、手軽さと流出のリスクで一長一短なようにも見えますが、初心者にとっては背負うリスクが少々高めだと言えます。

買った仮想通貨を長期間保管する手も

2017年には、初動が0.67円だったモナコインが、わずか半年で2,042円まで値上がりした事例もあります。流石にここまで極端な上昇をすることは難しいでしょうが、安価な複数の仮想通貨を1万円から2万円ほど投資しておき、長期間放置するというのも仮想通貨投資の一つの手段。

ただし、少々ギャンブル的な要素が強いことと、値下がってもグッと堪える辛抱強さも必要になる点には要注意です。

仮想通貨FXは初心者には非推奨

仮想通貨取引には、FXと同様のレバレッジ制度を盛り込んだ「仮想通貨FX」と呼ばれる取引手法も存在します。ただし、こちらは非常に大きなリターンを見込める一方で、リスクも大きく初心者が手を出すのは危険です。

レバレッジ制度については後述するFXの項目を参考にしてください。

FXはハイリスク・ハイリターン!元本が尽きるリスクも

FXは、日々価値の変動する外貨と日本円を売買することで利益を生み出すデイトレード方法。特徴的なのは、「レバレッジ」と呼ばれる制度がある点です。

株などと比較すると大きく賭けることができ、勝てば大きなリターンを手にすることが可能です。しかしその一方で、負けてしまった場合はあっという間に元本が尽きてしまうリスクも存在します。仮にFXを始めるとしても、まずはレバレッジ抜きで取引の感覚を覚えていきましょう。

レバレッジ制度の利用には注意が必要

レバレッジ制度とは、元本の何倍もの金額を利用したFX取引が可能になる制度です。たとえば、10万円を元手に取引に参加する場合、本来は10万円分の外貨しか購入することが出来ませんよね。しかし、ここに10倍のレバレッジをかけた場合、100万円分の海外通貨が購入可能になるのです。10倍レバレッジなら、得られる利益も同じく10倍になりますが、逆に失敗した場合の損失も10倍となります。

初心者はとくに、利益に目がくらんで大きなレバレッジをかけ、あっという間に元手を無くすといったことも少なくありません。もしもレバレッジをかけるとしても、5倍程度に抑えておくようにしましょう。