元本保証型の資産運用で賢くお金を増やす方法とは

100万円からの運用

資産運用を始めるには、ある程度まとまったお金が必要になります。仮に、2倍に増やせる投資商品があったとして、元手が100万円あれば200万円になりますが、1万円しかなければ2万円にしかならないからです。

コツコツ貯金をして元手を作ろうと考えたときの目標額は、50~100万円という方も多いのではないでしょうか。100万円ほどあれば、運用先の選択の幅がかなり広がります。

100万円を分散投資でリスクヘッジ

せっかく作った元手100万円を上手に運用するには、どうすればよいでしょうか。

投資や資金運用の本などを読むとよく『分散投資』という言葉が出てきます。分散投資とはその名の通り一箇所に全額投資するのではなく、複数に分けて投資する資産運用のことをいいます。

分散投資には、複数の金融商品(株式であれば複数銘柄)に分ける方法と、投資するタイミングを分散する方法の2通りあります。

1.複数の金融商品に分散

投資にはリスクがつきものです。例えば100万円を一括して集中投資してしまうと、失敗した場合はあっという間に資金が無くなってしまうこともあります。当たれば2倍になる投資をしたとして20万円ずつ5箇所に分散すると、3勝2敗なら負けた分がゼロになっても40万円×3=120万円。全体として20%増えることになります。

2.投資のタイミングを分散

時間で分散する方法として有名なのがドルコスト平均法です。例えば投資信託で毎月一定額を投資します。価格が安い場合は口数を多く、高い場合は口数を少なくなるので結果的に平均購入価格が安くなるという仕組みです。

このように分散投資することでリスクヘッジをしながら増やしていくことが、資産運用の第一歩です。

100万円を賢く運用できる商品とは

手元の100万円を分散投資するなら、どんな方法があるのでしょうか。いくつか商品例をご紹介しましょう。

定期預金

とにかく元本割れは防ぎたいという方には、定期預金がおすすめでしょう。普通預金よりも金利が高いので、ローリスクで元手を増やせます。

とはいえ、例えば都市銀行の1年ものの定期預金利率は0.01%。100万円を預けても100円しか増えません。

金利が高いことで人気なのが、ネット銀行です。銀行にもよりますが、1年もので0.15%~0.2%くらいが多く、100万円を預けて1,500~2,000円くらい増やせます。ただし、高金利の預金は仕組預金のような元本割れリスクのあるものかもしれませんので、注意が必要です。

個人向け国債

国が発行し、満期まで保有することで元本が戻ってくる元本保証の商品です。

個人向け国債には、固定金利型(3年と5年)と変動金利型(10年)があり、証券会社や銀行などで購入できます。利率は0.05%と、都市銀行の定期預金よりやや高いくらいです。

注意点としては、原則1年は売れないこと。また、1年たっても途中で解約(償還)したら金利を差し引かれることがあり、満期まで持っておくことが大前提となる商品です。

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金をもとにファンドマネージャーなど資産運用のプロが運用し、生まれた利益を投資家に分配するという投資商品です。知識がなくても購入でき、また少額からでも始められるので初心者にも人気があります。

注意点として、ファンドマネージャーへの運用報酬(手数料)がかかること。例えば、5%のリターンがあっても手数料が2%かかると投資家へは3%しか戻りません。

また、銀行や証券会社などが仲介している商品の場合、さらに手数料が差し引かれることもあります。

ETF・REIT

ETF(上場投資信託)は主に株式、REIT(不動産投資法人)は不動産を組み合わせ分散投資する商品です。

投資信託と同じ仕組みで少額からでも始められますが、投資信託との違いは手数料の安さ。これが人気の理由です。

ただ、知名度は低く情報源が限られていることが難点でしょう。

集中投資で効率よく増やせるのか

分散投資ではなく、集中投資をするという方法もあります。ただし、投資にはリスクがつきものです。

国債や地方債のように低リスクのものであれば比較的安全ですが、低リスクの金融商品はリターンも少なく、長期に預ける商品が多いので投資というより定期預金に近い感覚になってしまうでしょう。

ハイリスク商品は初心者の場合、間違っても集中投資はしてはいけません。できればミドルリスクを狙いたいところですが、株式投資や外貨預金の集中投資は相場に左右されてしまうので、ミドルリスクといっても一か八かのギャンブルに近くなってしまいます。

ミドルリスクのなかで比較的安全なのは、安定してある程度の投資効果が期待できるもの。元本保全や元本確保がしっかりしている資産運用商品を選ぶのが賢明でしょう。

投資には経験や慣れのようなものが必要になります。リスクがあっても選び方を間違えなければ効率よく増やすことができるようになりますので、最初はリターンが少なくても確実に増やすことを頭に入れておくのが重要です。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>

 
元本保証しながらしっかり増やせる資産運用法を探せ