元本保証しながら増やせる資産運用法 » 投資額別!初心者向け運用法 » 100万円以下の元手で資産運用する方法をご紹介

100万円以下の元手で資産運用する方法をご紹介

資産運用

資産運用には元手が必要ということは分かっていても、コツコツと貯金をしてもなかなか目標額に達しないという方も少なくないでしょう。

100万円以下の元手しかないけれども、試しに投資や資産運用をやってみたいと思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、50万円前後でも可能な資産運用の方法をご紹介しましょう。もっとも、高利回りを期待するなら元手を増やすことが肝心です。あくまでもお試し投資だと思ってチャレンジしてみてください。

1.NISA(ニーサ)を活用した資産形成

NISAなら年間最大120万円が非課税に

NISAという言葉は新聞や経済誌などでもよく目にするかとは思いますが、これは平成26年1月にスタートした少額投資非課税制度の通称です。

通常、株や投資信託などで得た配当は所得税や住民税の課税対象となりますが、NISAを利用すると毎年一定の新規購入分の配当や譲渡益が非課税となるのです。

投資による資産形成を促進させる目的で、政府広報でも積極的に推進されています。

対象となるのは上場株式や公募株式投資信託などの配当や譲渡益。新規投資額で年間最大120万円が非課税になります。

通常かかる所得税、住民税、復興特別所得税などを合計すると約20%にも達します。

例えば株で100万円儲けた場合、その20%の約20万円が税金に取られますが、NISAを利用すると税金は0円になりますから20万円分得したことになるのです。

NISAを利用するには、証券会社や銀行、郵便局などで「NISA口座」を開設する必要があります。国内の20歳以上の方なら誰でも1人につき1口座を開設できます。

非課税期間は5年間で、期間終了後は新たな非課税枠へ移行することにより継続保有することができます。現時点では平成35年までこの制度が利用できます。[注1]

[注1]内閣府大臣官房政府広報室:資産づくりの第一歩に、投資優遇制度「NISA(ニーサ)」があります。

NISAを利用する際の注意点

株式の中には1株1円からと安価で売られているものもあり、手持ちの資金が100万円以下でも投資を行うことは十分に可能です。

仮に50万円程度の資金がある場合は、数社に分散投資してリスクを減らしておくと比較的安全に運用できます。

また、短期で売買を繰り返すと、すぐに非課税枠の上限をオーバーしてしまう可能性がありますから、この制度のメリットを最大限に活用するには長期投資向けの株式などを狙うと良いでしょう。

当然ながら注意すべきは買うタイミングです。また非課税のメリット以上の利益を追求していくには、市場の平均値よりも割安なバリュー株をいかに見出すかがポイントとなります。

もっとも、仮に株価が期待通りに値上がりして2倍、3倍になったとしても、購入金額が少額であれば儲けも少ないのは当然のことです。

配当金などもそんなに期待できないでしょうから、高利回りを狙うならやはり元手を増やすことが先になります。

2.お買い得物件を狙った不動産投資

少額資産でも不動産投資は可能

金額計算

手持ちの資産が100万円以下でも、銀行融資を受けることで不動産投資を行うことは可能です。

ローンを組んでマンションなどの投資用物件を買うのが一般的で、家賃収入によって返済していく形になります。もしくは100万円以下の激安物件を購入して賃貸するという方法もあります。

サラリーマンだとローン審査が通りやすいことから、最近は副業としても人気が高まっているようです。

常に動向を細かく見張っていなければならない株式やFXなどの金融商品よりも手がかからず、管理運営を業者に委託すれば片手間でできるのも魅力の一つです。

サラリーマンの場合、給与所得と不動産所得を損益通算することが可能ですから、不動産経営の年間収支が帳簿上赤字になると、場合によっては所得税の還付を受けたり、住民税を低く抑えられたりすることもできます。そのような節税効果だけでもメリットはあるでしょう。

少額不動産投資の最大のリスクは空室

不動産投資で注意しなければならないのは、何と言っても空室のリスクです。入居者が出て行ってしまった場合、家賃収入はゼロなのに管理費等は引き続き負担しなければならない恐れがあります。

激安物件を購入しての不動産経営の場合は、空室リスクは余計に慎重に見極めなければなりません。安い物件というのは築年数が古かったり、立地条件が悪かったりなどそれ相応の理由があるからです。

また、いざ手放す時にすぐに買い手が見つかるわけではないというのも欠点です。一般的に不動産は売却するのに3ヶ月~半年かかると言われていますから、その点も想定した上で売り時、買い時を決断する必要があります。

これらを考慮すると、少額からの不動産投資が向いているのは、「たまたまお手頃価格のお得な物件を見つけた」といった場合や「高利回りを期待しておらず、節税目的が主」といった場合が挙げられるでしょう。

「不動産投資に興味はあるが、最初から多額の資金をかけるのは怖い」という方が、お試しで行うのも良いかもしれません。

逆に最初から大きく儲けたいという方なら、より条件の良い物件が買えるまで、まずは元手をもっと増やすことに専念すべきです。

3.ソーシャルレンディング

貸主と借主がネット上でつながるソーシャルレンディング

お金を借りたい事業者とお金を運用したい投資家を、ネット上で結び付ける新たな仕組みが「ソーシャルレンディング」です。貸主と借主の間に業者を介するため、投資家は貸金業法上の登録等をせずに出資ができます。

投資家側から見れば5%~10%をコアとする高利回りが期待でき、1万円からの少額投資も可能なので、手持ち資金が潤沢にない場合にも気軽に参入できるのがメリットです。分散投資も可能ですからリスクコントロールもある程度可能です。

ちなみに借り手側にとっても低金利で借り入れができ、融資審査もスピーディで金融機関ほど厳しくないという利点があり、近年注目されているシステムでもあります。

具体的には、ソーシャルレンディングの運営会社が投資家の出資したお金を個人や法人に融資し、融資先からの元利金の一部が投資家に還元される仕組みになっています。

投資期間は1年前後と比較的短期間に設定されていることが多く、その点も資金を長く固定したくない少額投資家に向いている点と言えるでしょう。

ソーシャルレンディングは出資金が回収できないリスクも…

ソーシャルレンディングのリスクは元本保証がないことです。

例えば運営会社が倒産してしまった場合には出資金が回収できない危険性があります。また借り手の債務不履行により利息や元本が回収できないリスクも理解しておかなければなりません。

また、まだ新しいサービスであるため、ソーシャルレンディング事業者自体が詐欺を働いているということも、稀ですがあり得ます。出資の際には信用できる事業者かどうか、慎重に調べる必要があるでしょう。

いずれにしても、出資先を分散するなどして極力リスク回避をする努力をしなければなりません。

高利回りを実現する資産運用のためには元手を増やそう

以上のことから、資金が少なくても工夫次第で投資や資産運用をすることは可能ですが、高い利回りを狙うにはやはり元手を増やす以外にないということが見えてくるでしょう。

投資初心者が、試しにNISAを利用した株式投資や少額の不動産投資に手をつけるのは良いですが、より長期的な目で見ると、やはり100万円程度の資産を準備してから運用に取り掛かることをお勧めします。

100万貯めたらこちらがおすすめ>