元本保証型の資産運用で賢くお金を増やす方法とは

元本保証しながら増やせる資産運用法 » ミドルリスクのおすすめ資産運用

ミドルリスクのおすすめ資産運用

ミドルリスク・ミドルリターンの資産運用商品(不動産投資信託、株式投資、外貨預金、金投資、アパート経営)をまとめて紹介しています。それぞれ性質が異なりますが、比較しやすいよう一覧表にまとめました。

ミドルリスクの資産運用商品を比較!

商品名
利率(年)
メリット デメリット 取扱会社
不動産投資信託 ・Jリート:5%
みんなで大家さん:6%(元本保全)
・比較的利回り安定
・少額でも不動産投資が可能
・賃料下落や空室のリスクがある ・Jリート:証券会社
・みんなで大家さん販売株式会社
(旧社名:都市綜研インベストバンク株式会社)
株式投資 ・売買が容易
・配当(最高5%)、株主優待あり
・倒産リスクあり
・銘柄によりハイリスクにもなりうる
証券会社
外貨預金 ・為替差益を得られる
・日本の預金と比べて高金利
・為替変動リスクあり
・為替手数料が高い
銀行
金投資 ・金自体に価値がある
・インフレに強い
・価格の変動リスク
・為替変動リスク
・盗難リスクあり
地金商、鉱山会社、商社、貴金属店、デパート、証券会社・銀行
アパート経営 10%前後(満室時) ・毎月安定収入が得られる
・分散投資にも有効
・賃料下落や空室のリスクがある
・売却したくても売れにくい
・固定資産税がかかる
不動産投資会社、不動産会社

ミドルリスク・ミドルリターン商品の特徴

不動産投資信託

不動産投資といえばJリートが代名詞のようになっていますが、最近では元本の安全度が高い新しいタイプの商品も登場し、人気を高めています。

利回り5~6%が期待できる不動産投資信託もあるので、無視できない存在です。特に「みんなで大家さん」は、元本保証ではありませんが元本保全システムを備えた安全性の高い商品で、低金利の傾向がある中で6%の実績があり、今後も期待できる資産運用法です。

>不動産投資信託について詳しく知る

株式投資

資産運用の商品として、もっともポピュラーなのが株式投資でしょう。

配当は多いもので5%程度。選ぶ銘柄によってはローリスクになったりハイリスクになったりもします。またミニ株や株式投資信託など商品数も多く、さまざまな考え方ができるので、ここではミドルリスクの資産運用として紹介しています。

>株式投資について詳しく知る

外貨預金

外貨預金も株式投資と並んでポピュラーな投資商品です。

一時期は金利5%以上と、日本のバブル期のような高さを誇るところもありましたが、最近では1%未満が主流。定期預金でも0.01%しかない日本の都市銀行より高いですが、為替リスクや手数料が引かれることも踏まえる必要があります。

>外貨預金について詳しく知る

金投資

インフレに強いと言われ、ここ数年注目を浴びているのが金投資。政治経済の影響も少なく、さらに資源としての希少性も手伝って価格も高騰化しています。

ただし、金には配当金や利子はありません。もちろん、元本も保証されていないところが注意点。また、金はドル建てが基本ですから為替変動リスクも考慮する必要があります。

>金投資について詳しく知る

アパート経営

入居者が居続ける限り、家賃収入というお金が入ってくるのがメリット。毎月少額でも、安定収入が得られます。

逆に、空室が多くなると家賃収入が減っていきます。ここ数年、アパートは供給過多の状況が続き、東京23区でも空室率が3割以上というデータもあるほど。立地条件はもちろん、信頼できる不動産投資会社を選ぶことも成功のカギといえます。

>アパート経営について詳しく知る

 
元本保証しながらしっかり増やせる資産運用法を探せ