株式投資

ミドルリスク・ミドルリターンの資産運用法のなかでも、株式投資とは上場株式会社への出資のことで、証券会社を通じて証券取引所で売買を行います。現在は「投資」と聞いたときに誰もが最初にイメージするほどポピュラーな資産運用法となっています。

株式投資の魅力

売却益で利益を得るほか、配当や株主優待も

株価は経済状況や国債情勢、企業の業績などによって変動しますが、新聞やテレビ、インターネット等から情報が集めやすいという点で、投資初心者でも比較的始めやすい資産運用です。

またミニ株などを利用して少額からでも投資ができ、選択の幅もあるので簡単に始めることが可能です。

購入した株の価格が上がったときに売れば売却益を得ることができるほか、株式の配当や株主優待などを受けることができるのも、株式投資の魅力の一つになっています。

情報が豊富でネットでも購入可能

最近ではインターネットでの取引が整備されているので、売買もスピーディに手数料も安く利用できるようになりました。こうした環境のなか、一日中パソコンの前で売り買いを繰り返すデイトレーダーと呼ばれる人たちも出現しています。

株式投資を始めると、世の中の動きに敏感になりますので、投資で儲けること以外に自分にとってプラスになる副産物的な効果もあります。

株式投資のリスク

株式投資は株価の変動リスクだけでなく企業の倒産リスクがあります。投資金がほとんど戻ってこなくなるという恐怖から、株式投資を敬遠する人もいるようです。

確かに株式投資は元本保証がされるものではありませんし、絶対に安全な株というのは存在しませんが、最初からハイリターンを望まなければ大損するリスクも軽減されます。出来高が大きい大型株や電力株など株価の変動が比較的少ないものもあります。

また、長期的な運用を考えているので個別銘柄に投資して日々の株価変動に一喜一憂したくないという場合は、株式投資信託という方法もあります。

リスクとリターンは連動すると考えてよいですから、株式投資は選ぶ銘柄や商品によってハイリスク・ハイリターンになることも常に頭に入れておかなければなりません。

自分なりのルールを作ってリスクを軽減

株は、買うときよりも売るときが難しいといわれます。上昇時にはどこまでも上がっていくように感じることがあって、タイミングを逃して一気に下がってしまうということもあるのです。また、下がってしまった株価が上昇するまで待つということになると、何年も“塩漬け”状態になってしまう危険性もあります。

株式投資を成功させる秘訣としてよくいわれるのが、「自分なりの規則を作る」こと。20%上昇したら売り、10%下がったら損切りでも売るというように機械的に売買することです。

資産運用としては多少リスクがありますが、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)など、さまざまな株価を判断する指標や材料もありますから、それらをうまく自分のものにできるかが重要です。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>