外貨預金

ミドルリスク・ミドルリターンの資産運用法のひとつとして、外貨預金について紹介します。ドルやユーロなど外国の通貨建ての預金のことをいいます。

外貨預金の魅力とは

高金利である

外貨預金の魅力は、まず日本の金融機関に預けるよりもかなり高金利だということでしょう。

金融機関や預金額にもよりますが、2017年5月現在、1年間定期で預け入れると、米ドルが0.5%~、豪ドルなら0.6%~。国によっては1%以上のところもあります。

日本の大手都市銀行の定期預金は0.01%程度ですから、目を引くのも当然です。高い金利で資産を増やしていき、最後に円に戻すのが基本的な仕組みです。

為替差益がある

外貨預金のもうひとつの魅力は、為替差益で儲けることができることです。円高のときに外貨に換えて預けておき、円安になったら円に戻せばそこに利益が生まれるのです。今はドルが円に対して弱含みでも、将来は円が安くなる可能性があると考えれば外貨預金は高金利にプラスしたメリットになります。

なお、逆に円高になってしまうと円に戻したときに元本割れするリスクもあります。

外貨預金の選び方

外貨預金には外貨定期預金と外貨普通預金があります。外貨普通預金はいつでも外貨にしたり円に戻したりすることができますが金利は低くなっています。高金利をアピールしている商品のほとんどは外貨定期預金と考えてよいでしょう。

為替は短期間での動きはそれほど変動しない性質がありますので、外貨預金を始める場合は長期的に考え「金利」と「為替」をしっかりおさえておくことが大切です。

意外とかかる為替手数料

外貨預金をする際、注意したいのが為替手数料です。

例えば米ドルで外貨預金をする場合、円からドルに換える時点で1ドルあたり1円の手数料がかかります。さらに、定期預金が満期になってドルから円に戻す場合にも同様に手数料が発生するので往復で2円かかる計算になります。

利息がついてもマイナスになる落とし穴

例えば為替レートが1ドル100円として、100万円を米ドル(10000ドル)で1年定期で預金したとします。利率が1%と仮定して1年後に円に戻したことにしましょう。

もし為替レートに変動がなかったとしたら単純に1年後には100万円が101万円になっているはずですが、ここに発生する1ドル当たり2円の為替手数料分は2円×10000(ドル)=2万円ですから99万円となってしまいます。実際には確定利息にも20%の源泉分離課税がかかるのでさらにマイナスです。

為替レートが思い切り円安になっていたなら為替差益が発生しますが、通常1年間ではそれほど変動しませんし、ちょっとでも円高になっていればマイナス分が増えるばかりになってしまいます。

このように為替の動きに注意していても、手数料分を忘れていると増えているはずが減ってしまったということもあるのです。こうした意外な落とし穴があることを頭に入れておくことが重要です。

以上のように外貨預金は分散投資をする際の長期運用の1項目として考えるのはよいですが、全財産を外貨に換えてしまうのはかなりのリスクがあることを知っておくべきでしょう。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>