元本保証しながら増やせる資産運用法 » ミドルリスクのおすすめ資産運用 » ミドルリスクでハイリターンが可能な債券投資

ミドルリスクでハイリターンが可能な債券投資

債権投資のイメージ

債権の性質は、投資商品を購入しているというイメージだけで考えるとなかなか債権の特徴は理解できないでしょう。

また、投資にはさまざまなものが存在します。

ここでは、債権投資についての基本やそのほかの投資について詳しく紹介していきます。

債権投資ならミドルリスクでハイリターンも狙える

債券投資とは国や会社にお金を貸すこと

債券とはそもそも借金をして、それを期限内に返すという約束を証明するものであり、債権投資をするということは国や会社に対してお金を貸すということと同義なのです。

債権は、借金の借用書のようなものだと言えます。そしてお金を貸している期限が終われば、お金を貸した人はその元金を返してもらうことになります。基本的には国債や社債にはプラス金利が設けられていて、その金利がリターンです。

国債は「国が発行」社債は「金融機関以外の企業が発行」

国債は国が発行する債権で、公共債のうちのひとつです。地方公共団体が発行する債権は地方債、政府機関などが発行するものを政府保証債と呼びます。

そして民間企業が発行する債権のうち、金融機関以外が発行するものが「社債」です。

国債と社債の違いはというと、単純に発行する(お金を貸し付ける)相手の違いとなります。

新規購入して満期まで持ち続ける場合は、破綻する可能性があるか安全なのか、金利はどれぐらいあるのかなど判断材料はそう多くはないので、初心者でも購入しやすい商品です。

実は社債には複数の種類があるのですが、国債のようにシンプルな仕組みの普通社債が、一般的に社債と呼ばれるものです。

社債は株と同じく企業に投資する形になりますが、定期的にもらえる利子が設定されていて、満期(返済期限)には元本が戻る予定ですが、破綻のリスクは国債よりも大きくなります。

そしてリスクが高い分、国債よりも利率は高く設定されています。

国債と社債のリスクとメリット

満期まで待つ場合は、相手が破綻するなどして元本を返してもらえない可能性があります。

国債を換金(中途解約)する場合は、1年分の利息を返還するだけなので損失はありません。

国債は一年で解約が可能になるので、この場合は利益もないということになります。

そして普通社債は、中途解約する場合額面通りの金額で売却できない可能性があります。

債権は株式ほどの流動性がなく、売りたいと思っていても買い手を見つけにくくなっています。

手放したい債権を購入したい人が少なければ値段は下がりますので、損失が出る可能性があるのです。

逆にその債権の人気が高ければ値段は上がり、中途解約によって利益を得ることも可能です。

また、株のように値段が下がった時に購入して、利益が見込める時に売るということもできるでしょう。

しかし、基本的に発行元が破綻しない限り元本は返ってくるという商品なので、すぐにでも現金に変えたいという場合を除けば大きな損失が出にくい点がメリットです。

ただ、通常社債は破綻リスクが少なく人気のある企業ほど金利が低く、金利が高いほどリスクが高くなります。

ハイリスク・ハイリターンの転換社債型新株予約権付社債

転換社債型新株予約権付社債という、株と債権の両方の性質を持つ社債があります。

株に変えたほうが利益が出そうだと判断した時に、自分の望むタイミングで株式に変えられるものです。

満期まで持ち続ける場合のリスクは普通社債と同程度のリスクになり、株式に変えた時にはもちろん株式投資と同じくハイリスク・ハイリターンになります。

株式に変えないまま売買をする場合は、株取引ほどのリスクがないため値段が付きやすく、ミドルリスクでの取引が可能です。

外国債はハイリスク

FXのイメージ

また、日本国内ではなく海外の債権に投資することができる外国債というのもあります。

日本は低金利が続いていますから、外国債の購入によって、日本より金利の高い債権を持つことができます。

FX取引では、スワップ金利による損益が発生します。スワップ金利とは、簡単に言えば金利の低い国の通貨を金利の高い国の通貨と交換した際に受け取れる金利のことを指します。

日本の金利が0%なら、金利5%の国の通貨をペアとして購入した場合、年利5%が受け取れるようになります。

外国債の場合はスワップ金利よりも低い金利が設定されていますが、為替レートの変動で大きなリスクが発生します。

外貨建てあっても、決済する時のレート次第で日本円に変えた時の金額は大きく変わってきます。

金利そのものは非常に高く魅力的に見えますが、国債や社債とは異なり非常にハイリスクです。

もちろんその分大きなリターンも見込めるのですが、投資というよりはかなり投機に近い取引だと言えます。

少なくとも為替差益に付いて学ばないうちは、手を出さないほうが無難でしょう。

リターンを得るインカムゲインとキャピタルゲイン

様々な投資方法がありますが、リターンを得る方法そのものは大きくわけて2つしかありません。

大きく儲ける可能性があるのはキャピタルゲインで、売買差益による利益を指します。

安く買って高く売る、高く売って安く買うことで利益が生まれます。

現物不動産の売買を例にすると、地価が下がった時に買っておき、地価が上がった時に売ればその差額が利益になります。

そして、株式投資、投資信託、先物取引、FX、金・銀・プラチナ取引、仮想通貨などがインカムゲイン目的で積極的に取引される投資方法です。

そしてインカムゲインは、利息やスワップ金利など、保有している間に受け取ることができる、安定した利益のことです。

債権はどちらの利益を狙えるかというと、新規発行された債権を購入する場合インカムゲイン目的で保有する人が多いのですが、二次売買によるキャピタルゲインを狙うこともできるのです。

個人の場合は、証券会社を通して売買できます。

債権の種類にもよりますが、どちらのリターンが目的でも、あるいは両方の目的でも保有できるのが社債の魅力だと言えるでしょう。

債権は投資信託にも関係している

直接債権を購入する人だけが、債権に関わっているわけではありません。投資信託で間接的に債権に投資することもあるからです。

そもそも投資信託とは、投資する人が、信用できる相手にお金を預けて運用してもらうことで利益を狙う方法です。

ただ運用が上手くいくとは限らず、損失を出す可能性もある投資方法になり、通常はできるだけ損が出ないように、株式や債権などに幅広く分散投資を行います。

投資信託は普通社債や国債よりも大きなリスクがありますが、上手に商品を選んで売買すれば大きな利益が見込めるでしょう。

また、通常投資信託は分散投資が基本ですが、不動産の運用のみに絞った不動産投資信託などもあります。

日本向けの不動産投資信託はJ-REITと呼ばれ、オフィスや賃貸住宅の運用、宿泊施設や店舗など、不動産の運用に絞ってリターンを目指す仕組みになっています。

不動産投資信託は投資法人が行いますが、まれに投資法人が企業の社債に当たる「投資法人債」を発行することがあり、昔は投資法人債というと億単位の投資が必要でしたが、最近は個人向けの投資法人債も出てきています。