資産運用の失敗体験談

大手企業だから株価が安定しているとは限らない

投資について詳しくない人が取引を始めるとき、守りに入っていれば安心だと思う人はとても多いです。

しかし、投資に安定はなく、大手企業だから絶対に株価は下がらないという保証はありません。

自然災害により株価が大幅下落

証券会社の営業から株取引を進められてなんとなく株式投資を始めた。

大手企業は倒産がないから安心だろうとある企業の株とまとめて購入したところ、自然災害によって倒産はしないものの株価は大幅下落。

なんと2,000万円もの資金を失ってしまった。

投資はいつなにが起こるかわからないので本当に難しい。

安定していると思った銘柄が上場廃止に

安定していると思って購入した銘柄だったが、突然の経営破綻後債権不可能となり、挙句上場廃止されてしまった。

いつか盛り返すと思って株を書い続けていたが、すべて紙くずに。

安定している企業だから、倒産しないから株価も安定しているとは限らないのだと痛感した。

成功した体験がその後の失敗を招いてしまった

投資を始めて利益が出ると、自分には才能があると思っていろいろな投資に手を出してしまう人がいます。

そして、利益が出ていた分も失ってしまう人も少なくありません。

利益の有無に関わらず、新しい取引を始めるときには必ずよく勉強することが大切です。

また、安易に新しい取引に手を出さないようにしたいですね。

取引方法を安易に乗り換えて失敗

株取引で投資を始め、一時的に利益を出していたのですが、少しずつ株価が下がり始めたので別の取引にチャレンジしてみようとFXに乗り換えたら、あっという間に全財産を失ってしまいました。

どうしても取り返したかったので借金をして今度は先物取引を始めてみたものの、最終的な損失は1,000万円に。

知識もないのにあれこれ手を出してしまったのがいけなかった。

下がり続ける株を手放せず買値の半分に

ITバブル時に購入した銘柄が、一時買値の3倍以上の値がつきました。

有頂天になっていたところ株価が少しずつ下がり始めたのですが、いつか盛り返すのではとそのまま手元においておいたら、最終的に買値の半分になってしまいました。

売り時についての勉強不足だと反省しています。

投資は慎重に、のめり込み過ぎはNG

投資はギャンブルとは別のものですが、どこか似た要素があります。

のめり込んでしまったが故に投資資金がゼロになってしまったり、さらには借金をしてしまうという人も少なくないようです。

特に、一度大きな利益を出した経験がある人ほど、損害を取り戻そうと無理をしてしまう傾向があります。

投資は必ずゆとりのあるお金で行い、借金は絶対にしてはいけません。

高倍率での取引をしすぎて資金が激減

FXは当時、少ない資金で大きな利益が出る可能性のある投資だったので、魅力を感じて開始。

最初はかなりの高倍率で取引できていたのに、リーマンショックの影響で一気に資金が20%まで減少してしまいました。

投資で失敗するパターンの典型かもしれません、のめり込みすぎたのが敗因です。

マイナスを取り返そうと借金してしまった

低資金で取引を始められるデイトレードを開始、少しずつ利益が出ていたので取引金額を上げていったら、1年後にはなんと200万円もマイナスになっていた。

なんとか盛り返したくFXに手を出したら資金はゼロに。

その後借金をして取引を継続しましたが、借金分もなくなってしまいました。