元本保証しながら増やせる資産運用法 » 目的別おすすめ資産運用まとめ

目的別おすすめ資産運用まとめ

資産運用の目的は、人それぞれ。子どもの教育費を補うために始める人もいれば、マイホームの購入資金や、老後の生活資金のためにおこなう方もいらっしゃるでしょう。資産運用で失敗しないためには、こうした目的を明確に持つことが大切です。そして、その目的によっておすすめできる投資商品も違ってきます。ここでは、こうした目的別におすすめの資産運用の手法を紹介します。

目的は年代によっても違う

資産運用の目的は、大まかに年代や家族構成によって分けられます。

例えば、株やFXのようなリスクの高い投資商品は、今後も安定収入が見込める若い年代であれば、仮に失敗しても取り返すことが可能でしょう。しかし、年金暮らしの方が老後の生活資金を稼ぐことが目的で株やFXに手を出すのは、投資初心者にはとてもおすすめできません。

このように、年代によって適した投資商品は違いますし、それぞれの家庭の状況やライフイベントにあわせて、安全資産とリスク資産をバランスよく分けて運用することが重要です。

具体的にどのような資産運用が適しているのか、ここで年代別におすすめの方法について考えてみましょう。

30代・40代のおすすめの資産運用とは

ある程度、資産に貯えが生まれるこの年代。その一方で、子どもの教育費、住宅ローンの返済、老後資金の準備…など支出が多くなる年代でもあります。

特に出費がかさむのが、子どもの教育費。学資保険だけでは不足するケースも多く、リスクが低く長期的に運用できる商品に分散投資することが、資産運用のポイントです。

>30代・40代向けおすすめ資産運用方法について詳しく知る

50代・60代のおすすめの資産運用とは

老後の生活資金が気になり始める50代・60代。ゆとりあるセカンドライフを、年金だけでまかなえないのは、皆さんもご存じのことでしょう。

この年代の資産運用で重要なことは、「減らさずに増やす」こと。普通預金や定期預貯金をベースにしながら、リスクが低い商品を中心にバランスよく投資していくことが求められます。

>50代・60代向けおすすめ資産運用方法について詳しく知る