50代・60代のおすすめの資産運用とは

資産運用

50代から60代になると、子どもも独立して、ある程度自分たちのために資産を使える余裕ができる年代。とはいえ、給与所得者であれば定年退職後の収入は年金だけになりますし、退職金がもらえたとしても、万が一に備えて蓄えておく必要もあります。

50代・60代の資産運用のポイントは、「減らさずに増やす」こと。リスクの高い投資は避け、ローリターンでも着実に増やしていける資産運用をしていくことがポイントです。

年金だけでは老後は安泰ではない

一般的に、夫婦2人世帯で老後に必要な貯蓄は3,000万円といわれています。

ただし、これは最低限の生活を保障するために必要な額です。

これまで家族のために、社会のために大いに貢献してきた50代~60代の方々ですから、ゆとりある老後を過ごしたいと誰もが思っていることでしょう。

また、病気や介護、家のリフォームなど突然の出費が増える年代でもあります。こうしたことを考えると、老後に必要な貯蓄は4,000万円~5,000万円くらいはあったほうが安心です。

その一方で、定年退職後の収入は年金のみです。現在、国民年金と厚生年金をあわせると月20万円くらい、年に250万円くらいしかもらえません。高齢化社会が進むにつれ、年金支給額はますます減り続けることが予想されています。果たして年金だけで老後を賄えるでしょうか。

「減らさず増やす」を意識した資産運用を

年金では不足する分を補う意味でも、今のうちから「守り」を意識した資産運用を始めていきましょう。

50代・60代では「減らさずに増やす」資産運用が大きなポイントとなりますから、リスクが極めて低い普通預金や定期預貯金を資産運用のベースとすることが重要です。

とはいえ、低金利の時代ですから増えるのは微々たるものです。確実に増やすには国内債券や外国債券といった低リスクの商品を検討してみましょう。

また、不動産投資もおすすめ。安定収入が見込めますし、相続税対策の観点からも不動産は預貯金よりも有利だといわれています

このように、50代・60代の資産運用は低リスクの商品にバランスよく投資することが大切です。老後に必要なお金を蓄えるためにも、計画的に資産配分を行っていきましょう。

50代の理想の資産ポートフォリオを解説

50代の人が資産ポートフォリオ(資産をさまざまな金融商品に配分するときの内訳)を検討するうえで重要なポイントは、老後までの期間が短いということです

若い人であれば、仮に資産運用で大きな損失を出してしまっても取り戻せるだけの時間がありますが、50代の人はそうはいきません。できるだけ損失をださないということを重視して、元本保証のあるものや低リスクの金融商品を中心としたポートフォリオをつくりましょう。株式やFXは元本割れのリスクが高いのでおすすめできません。

減らさないということを第一に考えると、ポートフォリオの一部は銀行の定期預金にするのが基本です。都市銀行の定期預金金利は0.01%ですが、ネット銀行であれば0.2%~0.25%のところもあります(2018年6月現在)。ただしペイオフにより元本保証されるのは1金融機関あたり元本1,000万円とその利息までですので、それ以上の金額を預金したいのであれば預け先の銀行を分散するなどの対策が必要です。

また中途解約すると利率が低くなってしまうという点にも注意しましょう。50代は子どもの養育がひと段落して、日常の出費は減る人も多いですが、病気の治療費や自宅の修繕など、まとまった金額の出費が突然必要になることも。子どもの結婚、出産のときには多少の資金援助もできると望ましいです。家族構成や健康状態を考慮して、普通預金にもある程度の資産を残しておいてください。

元本保証のある金融商品の代表格といえば、個人向け国債です。固定金利型と変動金利型がありますが、国が元本と最低金利を保証しているので、日本が破綻しない限りは元本を割ることはありません。平成30年に発行された個人向け国債の利率は年率0.05%(税引き後は0.0398425%)と、低金利ではありますが都市銀行の定期預金よりは高いです。

ただし個人向け国債は満期前に解約してしまうと、数回分の利子相当分を差し引かれた金額しか返してもらえないという制度になっています。元本は保証されますが金利メリットは少なくなってしまうので、当面使う予定のない資金だけを個人向け国債の購入資金にあてるようにしましょう。

ポートフォリオを定期預金や国債だけにしてしまうと、リスクはほとんどないですが、増える金額も少ないという欠点があります。もう少し増やしたいということであれば、資産の2~3割を外国債券などに投資することも検討しましょう。資産全てを元本割れリスクのある商品に投資するのは危険ですが、資産の一部だけをリスク商品に投資するのであれば、資産全体のリスクは抑えられます。

公社債投資信託の一種である外貨建てMMFを利用すると、複数の外国債権に分散投資できるのでおすすめです。為替変動以外では元本割れするリスクが低く、購入してから30日以降は無条件で解約できるので急な出費にも対応しやすいというメリットもあります。ただし外貨建てなので、為替変動によっては日本円に戻したときに元本割れしてしまうリスクがあるということには注意してください。

外貨建てMMFの利率は、通貨によって異なります。また常に一定の利率ではなく、時期によって変動するのも特徴です。おおまかな利率は、米ドル建てMMFが年1.3%~1.6%、オーストラリアドル建てMMFが年1.3%、ニュージーランドドル建てMMFが年1.4%などです(2018年6月現在)。

南アフリカランドやトルコリラといった新興国通貨建てのMMFには利率が年6%以上のものもありますが、その通貨自体が円に対して値下がりし、損失が発生するリスクが高いのでおすすめできません。米ドルなど先進国の通貨を選択しましょう。

また老後に必要な貯蓄を十分確保できている方は、不動産投資信託も選択肢に加えると良いでしょう。元本保証はありませんが、満期に最低限元本を払い戻せる方針で運用している「みんなで大家さん」など、低リスクな商品も登場しています。

ポートフォリオを考えた後は、一度に全額を投資しないことも大切です。定期預金の金利はそう頻繁に変わるものではありませんが、そのほかの投資先に関しては資産を少しずつ分けて毎月一定の金額を投資することで、価格変動リスクや金利変動リスクを小さくすることができます。これはドルコスト平均法と呼ばれる投資手法で、リスク分散に役立つといわれています。

特に50代になるまでほとんど投資経験がなかったという人の場合、いきなり大きな金額を投資に回すのは危険です。いろいろな金融商品を見比べながら、少しずつ投資することを心がけましょう。

50代のライフイベントに合わせた資産シミュレーションを紹介

50代は、普通の会社員であれば年収のピークを迎える年代です。一方、子どもは自立して親からの仕送りがいらなくなる頃ですから、普段の支出が少なくなる人も多いです。老後に向けた最後の投資チャンスといえるでしょう

ただし定年退職が近づいてくるため、家を建てた人は住宅ローンを現役のうちに完済できるかどうかが問題となります。退職金を全て住宅ローンの返済にあてる、と計画している人は要注意。返済期間が長引くほど利息を多く支払うことになりますので、支出を減らして繰上返済などを活用し、早めに完済するのが望ましいです。

また日常の出費は少なくても、親の介護や自分の病気、自宅の修繕、子どもの結婚・出産など、まとまった金額の出費が必要になるライフイベントが突然起こる可能性もあります。

以上の状況を踏まえた上での50代向け生活ポイントは、

  • 住宅ローンなどの負債残高を確認し、できるだけ現役のうちに返済する計画を立てる。
  • 突然の出費に対応するため、普通預金やすぐに売却できる投資信託など、流動性の高い資産をある程度確保しておく
  • 当面使う予定のない資金は低リスク商品で手堅く運用する。

などといったものが挙げられます。

50代といっても老後までにはまだ時間がありますから、資産運用を始めるのに遅すぎるということはありません。ただし大きな損失を出してしまうと取り返す時間はないので、低リスク商品で運用することを心がけましょう。

ただし資産のほとんどを低リスクな個人向け国債や定期預金で運用すると、あまり資産は増えません。変動金利型の個人向け国債でも、過去10年間に実際に適用された利率はほとんどが最低保証金利の0.05%です。仮に1000万円分購入したとすると、10年間で合計5万円の利息になります。国に元本を保証されているとはいえ、1,000万円を投資した利息としては物足りないといわざるを得ません。

資産を守るだけでなく、低リスクで増やしたいという人は、資金の一部だけを外貨建てMMFで運用するのはいかがでしょうか。例えば米ドル建てMMFの利回りは1.3%~1.6%くらいですので、仮に300万円を年率1.3%の利回りで10年間投資したとシミュレーションすると、為替変動を考慮しなければ10年後には元本と利息を合わせて330万円ほどになります。

為替リスクがあるため、円高ドル安になれば損をする可能性もありますが、株式のようにある日突然価値がゼロになるようなリスクはありませんので、日々の値動きに惑わされずに安心して投資できるでしょう。元本保証はありませんが、資産の全てを個人向け国債や定期預金だけで運用するよりはリターンを期待できます。

元本保証しながらしっかり増やしたい人向けの資産運用法とは>